内職と在宅ワーク情報なら

内職・在宅でお小遣い
 内職・在宅ワーク/メニュー

メール受信で内職
サイト利用でお小遣い
アンケートモニターで内職
治験モニターでお小遣い
ブログライターで小遣い稼ぎ
アフィリエイトで内職
携帯でもお小遣い
データ入力業務で副業
リードメールで内職
懸賞で内職
無料試供品をもらおう!
無料で使える便利サイト

RSSで新着情報をチェック!
サイト内検索
 内職・在宅ワーク/コンテンツ
 内職・在宅ワーク/リンク

相互リンクについて

相互リンク集
 







 
 

ネット内職(ネット収入)/アフィリエイトの税金と確定申告


アフィリエイトなどネット内職で稼いだ収入は、課税対象となります。
一定金額以上の所得がある方は申告が必要となるので、日頃から必要経費のレシートなどを保存しておきましょう。



確定申告とは
確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得金額を計算し、その所得金額に対する税額を算出して翌年の2月16日から3月15日までに申告することをいいます。


ネット内職で申告が必要な人は?

以下に該当する場合は、申告が必要となります。
1)アフィリエイトの「年間所得」が、20万円超の給与所得者
2)アフィリエイトの「年間所得」が、38万円超(専業主婦などアフィリエイト収入のみの場合)
管理人の場合、本業は会社員、副業でネット内職をしているので 1)に該当します。

「年間所得」とは、1年間に稼いだ収入から経費を引いた額のことをいいます。


つまり、
収入−経費=所得 になります。

たとえば、ネット内職で稼いだ年間収入が27万円あっても、必要経費が8万円かかった場合、
27万円-8万円=19万円と、20万円以下になるので確定申告をする必要がありません。


ネット内職の必要経費

必要経費とは、収入を得るために必要となった費用のことです。
では、アフィリエイトではどのようなものが経費になるのでしょうか?
主なものを上げてみますので、参考にしてください。

減価償却費 10万円以上のパソコンなど(10万円未満なら消耗品扱い)
水道光熱費 電気料(自宅の場合は按分)
旅費交通費 電車賃、バス代、タクシー代
通信費・電話代 プロバイダ料金、サーバー代、ドメイン料
広告宣伝費 メルマガ投稿、検索エンジン一括登録代
修繕費 パソコン・周辺機器の修理代
消耗品費 文房具、インクカートリッジ、ソフトウェア代、デジカメ、プリンターなど10万円未満の備品
雑費 振込み手数料
新聞図書費 新聞、参考書籍

掛かった経費の領収書は、必ず保管しておきましょう!
また、そのままで放置しておくと、あとで収集のつかないことになるので、管理人の場合は、その都度「領収書」に買い物した品目をポールペンで書いて、月ごとにホッチキスで留めて封筒に入れて保管しています。これなら、バラけないし、後で帳簿との付け合わせもできるので便利ですよ。

※電車賃など、領収書の出ないものはメモ書きでも大丈夫です。



帳簿
ちょっと面倒くさいですが、記帳は習慣づけるようにしましょう!
帳簿といってもあんまり難しく考えないでください。管理人が使っているのは、エクセル初心者用の「らくらく現金出納帳」というソフト。フリーソフトです。
要は、何にいくら使って、どこからどれだけのネット収入があったのかが分かれば、手書きだって何だっていいんです。


そこに、
2008年
内 容
収 入
支 出
残 金
  前月繰り越し
75,000
 
75,000
○月○日 インクカートリッジ  
2,500
72,500
○月○日 ○○ポイントサイト
10,000
 
82,500
○月○日 ○○メール
5,000
 
87,500
○月○日 プロバイダー代  
2,500
85,000
○月○日 ボールペン・消しゴム  
200
84,800
○月○日 ○○ネット
20,000
 
104,800
などと、入力していくだけです。どうでしょう!簡単ですよね。


申告書を作成しよう!
「確定申告書」は税務署でもらうか、国税庁のHPからダウンロードすることもできます。
確定申告書は、AとBの2種類ありますが「雑所得」の場合はAの申告用紙を使います。
厳密にいうと、アフィリエイトの所得区分は、「雑所得」または「事業所得」のどちらかに区分されます。
雑所得:継続的にある程度の収入が無い場合
事業所得:継続的にある程度の収入がある場合

【ポイント】
・多くの支払元からアフィリエイト収入がある方は、「所得の内訳書」の用紙ももらっておくと便利です。
・アフィリエイトサイトからは、基本的に「支払調書」はでません。ですので、支払を証明できる「通帳」は捨てずに取っておきましょう!
・国税庁の「確定申告書等作成コーナー」を利用すると、画面の指示に従って金額等を入力していくだけで申告決算書を作成でき、印刷すればそのまま税務署に提出することもできるので便利です。





副業が会社にバレないようにするには
会社によっては、副業を禁止しているところも多いと思います。
会社員の場合は、市町村で計算された住民税を毎月の給与から天引きされていますが、もし、住民税の支払いが突然多くなったりすると、会社に副業がバレてしまう可能性があります。

住民税の徴収方法には、「特別徴収」と「普通徴収」の2種類があります。
副業がバレたらまずい人は、確定申告書を記入する際に、確定申告書A(第二表)にある「住民税に関する事項」の「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」の欄で、自分で納付(普通徴収)にチェックを入れます。
すると、会社給与の分の住民税は給料から天引き、副業所得の住民税は自分で納めることが出来ます。






確定申告に行ってきました!
確定申告は、2月16日から3月15日までとなっていますが、それ以前から「還付申請」などは受け付けているので、会場は運営しています。混んで並ぶのが嫌いな管理人は、2月16日の3〜4日前にダメ元で行ってみたところ、快く確定申告を受領してもらえました。
空いていて、すぐに終わっちゃいました。(^^)V

管理人は、
「確定申告書」
「源泉徴収票」
「所得の内訳書」
「領収書」
「帳簿」
「通帳」
「電卓」まで持っていきましたが(笑)、

実際に提出したのは、
「確定申告書」
「源泉徴収票」
「所得の内訳書」
のみで、帳簿や領収書は見られることさえありませんでした。


「え〜っ!」
これじゃ、領収書取っておいても、コツコツ帳簿付けても意味ないよな〜。
とガッカリしましたが、支払元の申告と所得や「所得の内訳書」が合っていなかったり、疑わしい申告などがあると後日税務署から呼び出しがあるそうで、その時に必要になるみたいです。
やはり、日々の記帳は欠かせません。
ちなみに、帳簿や領収書などは7年間の保存義務があるそうです。



※管理人は税金に関しては素人です。このページの内容は参考程度にして下さい。
 正確な情報は、税理士もしくはもよりの税務署等にお問い合わせください。




内職・TOP